【社員インタビュー】4airuy 大野サロンマネージャー / 評価制度について

当社のサイトにご訪問いただき誠にありがとうございます!

当社の取り組みをより深く知っていただくために、定期的に社員インタビューをお伝えいたします。

今回は、4airuy 大野サロンマネージャー 大野さんのインタビューをご紹介します。

 

今回のテーマ 「評価制度」
「弊社の取り組み」でご紹介しておりますが、弊社では現在、評価制度を導入するためにテストを行なっております。半期ごとに面談を行い評価を行い昇給やボーナス支給、昇格に反映をさせています。

 

Q:会社で導入を検討している評価制度について最初はどのように感じましたか?

正直最初は怖いなと思ったのが本音です。でも何回も繰り返し説明を受けるうちにこれはチャンスでもあるなと考えるようになりました。最初に怖いと思ったのは売り上げや数字だけで評価をされてしまう印象が強かったからなんです。でも評価の仕組みや実際に使う評価書(評価面談を行うためのチェックシート)を見てみたら数字だけではなく普段の仕事の取り組み方などの項目が多くて、これなら頑張れるなと思いました。

 

Q:実際に面談を行ってみてどうでしたか?

面談自体にも怖い印象がありました。嫌なこと色々言われるのかな〜、と(笑)でも実際に受けてみたら評価書を使ってシステマチックに行うので印象とは全然違いました。面談を通して上司とコミュニケーションをとることができるので、親近感が湧き距離感もすごく近くなったように思います。またやっぱり人は褒められると嬉しいので、改めて評価面談としての場を取ることもモチベーションアップにも良いのだなと思いました。

ただ一緒に働いている上司に評価をされるため、気を使ってしまってしまうことも多くなりました。面談の回数を重ねて評価者への信頼がもっと強くなればもっと安心して仕事に取り組めると思います。

 

Q:今現在、評価制度をどのように感じていますか?

今までは会社が自分の求めているものを掴めないこともありましたが、評価を通じて「うちの会社はこんなことを自分に求めているんだ」ということがわかるようになりました。また繰り返しになりますが、数字面だけではない評価もしっかりしてくれるので今は前向きに捉えています。要望としては、スタッフが上司を評価する仕組みや、評価者を訓練する仕組みなどもあればいいなと思っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

求人採用/エントリーはこちら

求人採用/エントリー